スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.08.23  クッションを2層追加

昨日ものの見事に失敗した振動対策。いずれにしてもコンパネ2枚の間に挟まっていたクッション材をバー土台のコンパネ裏面に使ってしまったので、そこだけは元にもどさねば。

そんな訳で、100円均一でクッション材を買ってきた。
100
1枚の厚さが10mmと、あまり厚くはないものなので、これを機に2倍の厚みにすべくコンパネ2枚分の広さ分を用意。コンパネ1枚分が9枚なので全部で18枚。だが家に使っていない奴が10枚ほどあったのでそれを流用したため、新規購入したのは8枚。

まずはMetalpadの土台裏面に9枚分をホットボンドで貼る。
Metalpad土台裏 Metalpad土台裏

滑り止めは今まで使っていたものと同じタイプのものを2枚購入。
滑り止め

2つに切って、ホットボンドでクッション材に貼る。
滑り止めを貼る

バー土台表面にもクッション材をホットボンドで貼る。
バー土台表面にクッション材を貼る

Metalpad土台を乗せ、元通りにする。
Metalpad土台を乗せる Metalpadを乗せる

床~Metatupad表面までの厚さが90mmになってしまった。これはもう、AC版なみに台落ちが怖いぞ(w
厚みが(w

踏んでみたが、今度は全く違和感なし。高難度でも特に今までと変わった様子無し。
ただ、振動対策としてはどうも効果が薄い気がする。純粋にジャンプだけしてみると、床の上でジャンプするよりも振動が大きくなる感あり。ただ、DDRをプレイしている状態だと今までより振動が少ないような感じもある。とりあえずなんだかよく判りません(w

うーん、やっぱりスポンジゴムを試してみたいなぁ…14400円か…(汗
スポンサーサイト

theme : 音ゲー全般
genre : ゲーム

09.08.22 振動対策

先日初めてDDR部屋にお客さんが来た。二人で天ヒー激を踏みまくった。



振 動 で T V 画 面 が 消 え た orz

そして他人が踏んでいるのを客観的に見ることが出来、一人で踏んでも振動も結構やばいなぁと思ってきた。

家そのものにガタが来る前に、ある程度対策を講じないと不味いか。

という訳でホームセンターへ。

スポンジゴムという、非常に振動対策によさそうな素材を発見したのだが、300×300×20で800円。
単純に900×1800のコンパネに敷くとなると18枚。14400円もかかってしまう。
効果があるかどうか判らないものにここまでかける事は出来ない…

そこでこれを使ってみることにした。
買ってきた
ウレタン製マットレス。これなら価格も安いし、駄目だったらマットレスとして使えばいい(w

まずは中身のウレタンのみを使いたいので、取り出す。
中身を出す 中身

一旦Metalpad~コンパネを全部どけて、バー取り付けコンパネとMetalpadコンパネの間に敷いていたクッション材をバー取り付けコンパネにホットボンドで固定して使うことにする。
クッションをホットボンドで固定 ホットボンドで

いい感じ。
クッション貼り終わり

さらに、滑り止めシートもホットボンドで固定。
滑り止めも

いよいよウレタンマットをコンパネの間に敷く。
クッションを敷く コンパネを重ねる

この上にMetalpadを敷いて、ホットボンドがあるので今までしょっちゅう緩んで外れていたDP用の繋ぎ金具のネジを仮止めしておく。
ネジの緩み防止

そしていよいよMetalpadの上に乗ってみる。

ん?意外に固い感じ。もっとふにゃふにゃかと思ったが。これはいけるか??
とりあえず軽めの譜面で踏んでみる。DPの渡り付近はまるっきり問題ない。ジャンプしても振動はあるが、明らかに対策前よりは弱くなっている。

…だが、端のパネル付近は、明らかにやわらかく違和感あり。特に斜めパネルあたりを踏むとかなり沈み込む。あまり踏まない位置ではあるが、回転プレイなどでこの付近は結構使うから不味いか?

そして激譜面。夢幻ノ光でテストしてみたが…


あかんorz


高速の渡りになると、パネルの沈み込みが全ての位置で違和感となって感じられる。
さらに端のパネル辺りで激しく踏むと沈み込みが原因でうまく踏めなかったりした。

そして回転プレイでは明らかに危険な香りがした。


結論。


使えませんorz


家のマットレスが一つ増えたーーーー(w

theme : 音ゲー全般
genre : ゲーム

09.08.17 1P側だけカーボン接点に換装した。

先日のカーボン接点が問題なさそうなので、まずは1P側を換装。

パネル裏面が酷いことに…
パネル裏面が酷いことに。どうも接点が付いていなかったパネル中央部分とスイッチ基盤がこすれてパネルの保護テープをあっさり傷つけていたみたいだ。
アルミ接点を剥ぎ、両面テープをそぎ落とす
アルミ接点を剥ぎ、指で両面テープの残骸をそぎ落とす。

パネル裏面を清掃
シールはがしスプレーでパネル裏面を清掃

透明テープでパネル裏面を保護
きれいになったらパネル保護の透明テープを2重にする。


カーボン接点をまとめてカットする。
カーボン接点をカット1
まず、必要なだけ両面テープを先に貼り、カットラインを引いておく。

カーボン接点をカット2
縦方向にはさみで切る。

カーボン接点をカット3
横方向にカットし、接点の完成。アルミに比べて加工が激しくしやすいため短時間で出来た。

これを先日と同じようにパネルに取り付ける。ためしプレイをしてみて、違和感のないことを確認。
実はパネル2枚分ほど、踏み込みの深さが浅くなってしまった。これは同じ接点の厚みで同じクッション両面テープを使っているのだが、今まで使っていた接点は両面テープが踏まれて薄くなっていたため。違和感解消のために1mmゴムシートでパネル自体の高さを調整した。

これで暫く様子見。暇を見て2P側も換装する予定。

theme : 音ゲー全般
genre : ゲーム

09.08.13 パネルの接点をカーボン板に変更

以前から気になっていた事に、パネルのアルミ接点とメタルパッドのスイッチ基盤の耐久性。
スイッチ基盤の銅部分は、表面加工がされている(と思われる)のだが、どうもそれが剥げてきている感じ。
使用感自体に全く問題は無いのだが、基盤が駄目になってしまう事態はなるべく避けたい訳で、パネル側の接点を、なるべく金属でないものにしたいと考えていた。

その考えもあって、以前最初に試したのが導電性テープだったわけだが、あれは結局ぺたぺたくっ付く為に使えなかった。カーボン板が良さそうだと言うのは考えていたのだが、結構値段が張るので難しい感じだった。まぁ、使用感に問題が無かったので特に追求しないでいた。

最近、オークションサイトでリーズナブルなカーボン板を見つけたので、購入してみた。

ドライカーボン板。320×160×0.2(mm)。ヤフオク即決で送料込み2200円。

販売元:パドック通販サイト


40×20の接点が64枚取れる。加工もはさみで容易に切れるらしいので簡単に換装できそうだ。

ドライカーボン板 320×160×0.2
これがカーボン板。軽くて丈夫そうな感じだ。

まずは実験的に1枚のパネルだけ換装することに。
アルミ接点をはがす
換装するためにアルミ接点をはがす。

カーボン板に鉛筆で
カーボン板に鉛筆で40×20のカットラインを引く。

はさみでカット
カットラインに沿って挟みで切る。ふれ込みどおりアルミを切るよりは随分楽。

クッション両面テープを貼る
18mm幅1mm厚のクッション両面テープを貼る。

接点を並べる
パネル取り付けのために接点をメタルパッドのスイッチ基盤の上に並べる。今回は中央部にも2枚接点を追加してみた。

パネルに接点を取り付け
上からパネルをかぶせて接点を取り付け。

実際に踏んでみたが、換装前のパネルと全く変わらない踏み心地…というか接点が違うことすらわからん(w。まぁあくまで耐久性を考えてのことなのでこれで良いんだがなんか物足りないな(www

問題なさそうなので近日中に全接点を交換する予定。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

まつりななし

Author:まつりななし
AC版DDRが近所に無いため、CS環境をどんどん構築していった挙句、メタルパッド、いわゆるアケコンにまでたどり着いてしまいました。
これで何も考えずにAC版と変わらず楽しめる!!…そう思っていた時期が俺にもありました…

このブログは一筋縄ではいかないメタルパッドの神メンテ化を目指す平凡なDDRerの物語です(w

プレイ動画あげてます。主にパフォもどきプレイです。 
 →YouTube
 →ニコニコ動画

ニコ生はじめました
 →DDR屋敷オフ中継
 →DDR屋敷オフコミュ
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
DDRX
経県値
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。