スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.09.27 今度はどうだ??

さて、一昨日最良案と思われた導電性テープがものの見事に玉砕してしまったので、次なる最良案を実行。残された案は以下の3つ

1)接点を銅版にし、それをクッション性のある両面テープで固定
3)アルミテープを現状の薄いものから0.1mm厚クラスのものに変更
4)アルミテープをステンレステープ(強度7倍)にする

この3つの案の問題点は以下の通り

1)銅版同士だと、磨耗で硬度が同じなので基盤の方も磨り減る危険アリ
3)アルミテープだとなんだか不安
4)ステンレスだと基盤の銅が負けてしまいそう

と言う事でこの3つの案のいいとこ取り?してみた。

5)アルミ板(0.2mm)をクッション性のある両面テープで固定

さーて買って来ましたよアルミ板(粘着材つき)

アルミ板

まずはパネル裏のアルミを除去、粘着材が残ってしまうので透明梱包テープを貼り付けておく。

パネル裏のアルミ除去 透明テープを貼る

15mm×30mm程度に切った両面テープ(1mm)にゴムシート(1mm)を貼り付る。これを4枚作る。

両面テープにゴムシートを貼り付け

アルミシートを切る。上で作った両面テープ+ゴムシートより若干小さめにする。
カッターで切るのだが、結構固い。アルミで手を切らないよう注意。面取りし、角も取る。

アルミを切る 角を取る

これを先に作った両面テープ+ゴムシートに貼り、スイッチ部基盤の四隅付近に並べてその上にパネルを乗せて取り付ける。

パネルに取り付け1 パネルに取り付け2

なんか若干パネル周辺のクッション部に一部はみ出してしまっているが気にしない(w

この状態で1時間強踏みまくってみた。そして確認。

丈夫そう?

今のところアルミ板のずれも無く、スイッチ部基盤も異常なし。踏み心地はかなり良い。これで暫く様子を見て、良いようなら全てのパネルに施工することにしよう。…ていうか、作業に結構時間がかかるのが難点だな…

そういや一昨日とりあえずの対応をした導電性テープ+アルミシートのほうはどうなってるだろ。

こっちも大丈夫そう?

…なんかこっちも大丈夫そうな感じだな…こっちも暫く様子を見てみるか…
スポンサーサイト

theme : 音ゲー全般
genre : ゲーム

08.09.25 新兵器投入!…のはずだったんだが

9.16の日記にも書いたとおり、パネル接点部の改善は根本的に考え直す必要があった。ほんの数日前に施工したやつがこの通りorz

パネルスイッチ部ズタボロ

さて、あの時挙げた改善案が以下の4つ。

1)接点を銅版にし、それをクッション性のある両面テープで固定
2)接点を導電性ゴムシートにし、同様に固定
3)アルミテープを現状の薄いものから0.1mm厚クラスのものに変更
4)アルミテープをステンレステープ(強度7倍)にする

今回は最期待案である2)案を試してみる。この日のためにオクで落とした導電性テープ。送料込560円。

導電性テープ1 導電性テープ2

まずはパネル裏面のアルミを除去する

パネル裏のアルミを除去

導電性テープに両面テープを貼り、スイッチ部の基盤四隅付近に並べてパネルをその上に乗せる。

導電性テープに両面テープを貼る 並べる 貼り付け完了

これで貼り付け完了!早速プレイしてみる。

ぺたっ、ぺたっ

??なんか感触が変だな…アルミテープの粘着材が残ってる?しっかり除去してみる。そして再びプレイ。

ぺたっぺたっぺたっ

…しっかり踏んでみると、明らかに足を離して少しの間、踏まれている状態が維持してしまっている。も、もしかしてこの導電性テープって…自己癒着テープ見たく粘着性ある??テープのみをスイッチ部基盤に押し付けてみる。

…なんか微妙にくっつくんですがorz


最良案だと思っていたこの方法は見事に玉砕。心も砕けた(苦笑。だがこのままではプレイできないので、仕方なく導電性テープの上にアルミテープを貼って一時しのぎ。導電性テープの意味まるで無し!orz

導電性テープの上にアルミテープ

そうそう、この日アケコン中央のステンレス板の角で見事に指をザックリやってしまった。作業する時は要注意。

いてえ

theme : 音ゲー全般
genre : ゲーム

08.09.20 パネル固定ネジ改善

TX1000系のアケコンはパネル固定ネジが思いっきり靴に引っかかる位置に飛び出している。その代わり4箇所しかネジは無く、パネルのメンテを頻繁に行う事が前提であれば、とても親切設計ともいえる。今のところそういう状態なので助かってはいるが、何か不毛だ(w

んで、このネジがここ最近結構靴に引っかかる事が気になり始めた。俺はAC版でもアケコンでもクロックスをはいてプレイするのだが、引っかかったときはコンボ切れなど結構支障が出る。このアケコンの構造上、ネジをなくす事は無理なのだが、このネジがなんだか引っかかりやすい構造のネジ。一応かなり平べったいネジではあるんだが、アケコン表面とネジの間の隙間が曲者。そこで隙間の出来ないタイプのネジと交換することにした。交換したのは6mm×20mmのトラスネジ。4本で200円。
ネジ交換前 → ネジ交換後
交換して、靴をネジにわざと擦り当ててみたが、圧倒的に引っかかりを感じなくなった。これならとりあえずプレイに大きな支障は出ないだろう。

ところで、デフォで付いていたネジなんだが…
ねじ山が(w
ねじ山が最初っからつぶされてるんですが…(苦笑
多分電動ドライバーで無理やりやったな…流石支那製じゃ(w 

theme : 音ゲー全般
genre : ゲーム

08.09.19 アケコンずれ対策

昨日プレイして、アケコンそのものが結構ずれてしまう状態を改善すべく、コンパネとアケコンをある程度固定する事にした。

使う部品はL字型の金具とそれを止める木ネジ、先日パネル改善用に買って使えなかった3mm厚のゴムシート、1mm厚のゴムシート。

まずはコンパネにL字金具を木ネジで固定、木ネジの上に1mm厚のゴムシートを貼り付け。これを4箇所設置し、その内側にアケコンを置く。この時アケコンの角に傷が付かないように3mm厚のゴムシートを挿入する。
金具とゴムシート L字金具 アケコン固定完了
金具とネジで200円。これだけで結構長時間激しく踏んでもずれは全く無くなった。コンパネ自体がずれるかなと思ったけど今のところそういう気配もなし。よーしうむうむうよーし。 

theme : 音ゲー全般
genre : ゲーム

08.09.18 振動対策

我がDDR部屋は一軒家の2Fにある。ちなみにこの家は俺の実家で、現在は誰も住んで居らず、完全な俺専用DDR屋敷であるといえる。隣接する地域にも住んでいる人がいないため、騒音問題はとりあえず無いといえる。とはいえ、激しく踏むと家が明らかに揺れる。流石にちと不安になる。

という事でアケコンの下にクッションを入れてみることにした。

まずは家に余っていた固めの厚手クッション。これを今までのコンパネの上に置き、その上にもう1枚コンパネを敷き、その上にアケコンを置く。

振動対策1 振動対策2

これが大失敗。踏むとアケコンそのものが凄く不安定で踏みにくいことこの上ない。結構固いクッションマットだったので大丈夫だと思ったが流石にこの厚さは厳しかったか。

しかもこの施工の際、誤って立てかけておいたアケコンを2枚とも倒してしまいパネル表面に傷がorz

…まあ、大して目立つもんでもないので気にしない!!

引き続き、100円均一で買った薄手のクッションマットが余っていたので、とりあえずこれを使ってみる。コンパネの一面にクッションマットを敷き、その上に滑り止めマット、その上にコンパネを乗せ、さらに滑り止めマット。

振動対策3 振動対策4 振動対策5

この上にアケコンを置く。

振動対策6

踏んでみた感じは今までと全く変わりなし。ただ、振動も変わりない気が(苦笑

まあ実のところ、この前に試した厚手クッションでも振動は抑えられなかったので、諦めれ、という事だろう(w。まあ床に対する負担が少しでも軽減されたと思うことにしよう。

それよりも、数回プレイしただけでアケコンが結構ずれる事が問題。これは今までも起こっていたので、コンパネにずれ防止の止め具を設置する必要がありそう。

theme : 音ゲー全般
genre : ゲーム

08.09.16 根本的に改良方法を変えないとまずいのか?

9.13にパネル接点の一部改良を施してから2日。またもパネルの常時ONが発生。パネルを外してみると…いきなりアルミテープがはがれてゴムシートごとスイッチ部に落っこちているという悲惨な状態になっていたorz

ゴムの重みで落ちた?

そういえば3mmのゴムシートのときもこういうことがあったが、もしかするとゴムの重みで落ちたのかもしれない。ゴム自体は浮いている状態だし。

という訳で、今度はゴムも両面テープでパネルに固定することにした。両面テープは配線などをカバーするモール固定用のクッション性のある1mm厚のものを使い、ゴムシートは2枚重ねをやめて1枚だけにした。ついでにゴムの角でアルミテープが裂けたケースもあったので、ゴムの角を面取りしてみた。

クッション性のある両面テープ ゴム自体をパネルに固定 パネル改良5

とりあえずこれで様子見。心配になったので他のパネルも見てみたが…

異常1 異常2 異常3 異常4

…こりゃまた酷い事になってるなorz
仕方が無いので、異常のあったパネルを前述の改善を施し様子を見ることに。

なんと物の数プレイで常時ON。嘘だろorz

パネルを外してみると…今度は元々の接点であるアルミシートが剥がれて、そのカケラがスイッチ部にくっついている。

アルミシート剥がれ1

ちなみにこの暫く後に今回の改良に使ったアルミテープでも同様の現象が発生した。

アルミシート剥がれ

…こうなってくると、もはやアルミテープの信頼性はかなり落ちてしまった感があるな。接点の盛り上げ加工という考え方はとりあえず良いとしても、現状のやり方ではトラブルとメンテのいたちごっこになりそうな気がする。

そこでとりあえず考えた代替案

1)接点を銅版にし、それをクッション性のある両面テープで固定
2)接点を導電性ゴムシートにし、同様に固定
3)アルミテープを現状の薄いものから0.1mm厚クラスのものに変更
4)アルミテープをステンレステープ(強度7倍)にする

1)はスイッチ部との磨耗に不安、2)は導電性ゴムシートの耐久性に不安、3)4)についても耐久性に不安有り。

さて、どれを実行するかな…個人的には2)>1)>4)=3)で検討。

まずは導電性ゴムシートとやらを買ってみるかな…

theme : 音ゲー全般
genre : ゲーム

08.09.13 パネル接点一部改良

この2日間かなりプレイしたが、とりあえずパネルはいい感じ。だいぶパネルにも慣れてきて、簡単な激DPにて鳥Aもいくつか取れるほどになってきた。あと、連打はDXコンの比ではなくやりやすい。お陰で今までB判定が関の山だったGIRIGILI門前雀羅DP激がいきなりAに乗って歓喜。

だが、DPをやっていると渡りのときにコンボが切れるケースが多発。パネルを外してみたが、特に問題は生じていない。色々調べてみると、パネルの外側、つまりDPのパネル同士が接している部分の反応が良くない時があった。通常パネルの外周部分を踏むケースは少ないが、DP時には→←のパネルは全ての部分を踏む事を考えないと駄目だ。そこで、パネルの中央方向に面した位置にだけしていた接点盛り上げ加工を、渡り部パネルの2枚だけ外周方向に面した位置にも施してみた。

とりあえず何曲かやってみたが感触的にはいい感じ。これでまた暫く様子見。

theme : 音ゲー全般
genre : ゲーム

08.09.12 足の女神への道 【1:踊4SP初フルコン、DP挑戦開始】

DDR環境が整ったのを機に、相方(11歳)が本格的にDDRに本腰を入れ始めた。アケコンのほうも頻繁に書くことはなくなりそうなので、我が相方の成長振りを時折記録して行こうと思う。

ここ最近、アケコンが入る少し前くらいからほぼ毎日1~2時間くらい一緒に踏んでいる。とりあえず足3程度ならフルコンも結構出せるようになってきた相方。まだ楽足4では結構苦しんでいるのだが、本日何を思ったか踊足4の曲を選択。そしてまさかのフルコン達成!!ちなみに5thの「踊るポンポコリン」にて。

足の女神への道001

この日は足4で満足な結果はこれだけだったが、足3辺りはかなり安定したスコアが出るようになってきた。5thならではのロングもやってみたが、グド以下1%程度に抑えられているのは立派だろう。(ちなみに俺もHOT LIMIT激で初のAに乗った!嬉しい!!(w)

足の女神への道002

相方が疲れたというので休憩している間に俺がDPで遊んでいると、相方もDPをやってみたいと言って来た。いやーいくらそこそこ慣れてきたとはいえDPはSPとは別ゲーだし…と思っていたら、足2の曲ではあるがいきなりCでクリアした。2回目でグド1まで詰めた?!おいおい(笑汗…その後数回やっていたがフルコンはならず。最後の1歩でグドとかもあり粘着終了。精神的に疲れた模様(w

とりあえずいきなり簡単な譜面とはいえ渡りでミスらなかったというのはなかなかセンスがあるかもしれない。それじゃFAとかも出てくるSN2の曲をやらせてみることに。なんとDP足3でいきなりAランクまで持っていきよった!!

足の女神への道003

しかもFAの「踏み代え」をやっている!本人に聞いたら「こうしないと身体の向きがおかしなことになるからと思ってやった」とあっさり。この譜面ではまだ踏み代えはしなくても良いが、出来たほうが絶対有利だからな。今後が楽しみだ。

…しかしDPerになってしまったら一緒に踏めないじゃないか(w

theme : 音ゲー全般
genre : ゲーム

08.09.11 とりあえず安定?

昨日あっという間に不調になってしまった改造パネル。今日分解してみたらとんでもない状態になってた。アルミテープが破れてテープが完全に外れていたりしているもの多発。テープをピッチリと張りすぎていたのもまずかった模様。やはり3mmの壁は厚かった模様(苦笑

今回は調整のしやすさとかも考慮して1mm厚のゴムシートを使用し、アルミテープもゴムとパネルまでが張り過ぎないように多少ゆるめに貼ってみた。

ためし踏みしてみると、またもやパネルの内側付近に無反応地帯が…この厚さだとどうしても内側付近を踏むと反応してくれない。じゃあゴムシートの位置そのものをもう少し内側にしてみればいいか?試しに今までよりもかなり内側(2cm程度)の位置に貼りなおしてみたらこれが正解。

パネル改良3 パネル改良4

パネルの踏み込みの遊びも適度な感じになり、かつ無反応地帯が無くなった。厳密に言うとパネルの角の反応が微妙な事があるが、AC版のパネルはその位置に留め金が来ていて踏めないのでこれでよしとしよう。

#何度か踏んでいたらその部分も反応するようにはなった。

そして色々プレイしてみたが、これがかなりいい感じ。AC版の踏みごごちとほぼ変わらなくなり、なによりDXコンのウィークポイントだった連打性能がかなり良くなった。そのお陰でPARANOiA踊DPのスコアが割とマシになった。マシになった程度なのは元々連打系が苦手だから(苦笑。とはいえ今までだったら絶対にコンボ切れしていたような連打が繋がったりしてかなりの満足感。その他もスコアが伸びた曲多し。今まで結構頑張ってもCクリアがやっとだったDYNAMITE RAVE(Long ver.)激SPでいきなりAが取れた時には思わず叫んでしまったぞぃ(w

リザルト1

あぁ思い切って買ってよかった…

とりあえず暫くはアルミテープの耐久性とかを観察していく必要はあるが、これでひとまず落ち着いてプレイできるといいのだが。

theme : 音ゲー全般
genre : ゲーム

08.09.10 無反応地帯0%!と思ったら…

昨日懸案に上げていたパネル接点部の盛り上げ加工の施工しなおし。まずは材料を買いにホームセンターへ。最初に選んだのは5mm厚のスポンジ系のシート。

材料1

ちょっと厚すぎるかと思ったがここは賭けで買ってみた。

…いきなり賭けに負けたorz。施工したら常時ONになることがあった。

再びホームセンターへ。今度は3mmと2mmのゴムシートで悩む(w。5mmシートでギリギリ常時ONが発生した感じなので、恐らくここは3mmでいけるはず!!再び賭けに出る。

材料2

#つーか200円くらいのものなんだから賭けとか言ってないで両方買え(www

そして施工。

材料3

うっしゃ!今度は大丈夫!一番の問題だった無反応地帯は完全に解消、さらにパネルの反応が全域で凄く良くなった。逆に反応が良すぎて、不安になるくらい(w。というか、これだけ反応がいいと、実際パネルを浮かせているスポンジがへたってくるとまずいかも。

まぁ、そうなった時は2mmのシートに交換すれば良いだけだし、暫く様子を見てみりゃいいか。

プレイ開始から暫くはすこぶるいい感じだった。DXコンのごとく軽く触れるだけでも反応するので、激8くらいの曲ならば大体フルコン取れるほどになった。ただ、グレの数がなんだか多い感じ。やはりパネル踏み込みの遊びがほとんどないので早グレが量産されているんだろうか。

そんな事を思いながら踏んでいたのだが、徐々にパネルの反応に異変が。曲選択のときに物凄い速さで曲名が流れて行ったり、何もしていないのにどんどん曲名が流れて行ったり。パネルを見ると、踏んでいないのにLEDが付いてる…早くも常時ONかよorz

パネルを開けてみると見事にアルミが裂けて剥げている。

改良失敗1

…やはり3mmでも厚かったようだ。明日またホームセンターに行って2mm厚のゴムシート買ってこないと。いーかげんめんどーじゃな(←だから賭けとか言わずに両方買っとけって言ったじゃん(ww

#つーか、1mmのゴムシート買ってきといたほうが安全かな(苦笑

ところで、某所にて「このアケコンはぺにょぺにょしてないか」という質問があったので動画を撮ってみた。



…結構ぺにょぺにょしてますな(w。踏んでるときはぜんぜん違和感ないんだが。

theme : 音ゲー全般
genre : ゲーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

まつりななし

Author:まつりななし
AC版DDRが近所に無いため、CS環境をどんどん構築していった挙句、メタルパッド、いわゆるアケコンにまでたどり着いてしまいました。
これで何も考えずにAC版と変わらず楽しめる!!…そう思っていた時期が俺にもありました…

このブログは一筋縄ではいかないメタルパッドの神メンテ化を目指す平凡なDDRerの物語です(w

プレイ動画あげてます。主にパフォもどきプレイです。 
 →YouTube
 →ニコニコ動画

ニコ生はじめました
 →DDR屋敷オフ中継
 →DDR屋敷オフコミュ
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
DDRX
経県値
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。