スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16.02.14 パネルを抑えている金枠の改良

はい、これタイトルだけだと何のことかワケワカラカですねw

このアケコンは公式ものとは違い、三角形の金具で角を止める方式ではありません。
内側は大きなワッシャで中央の銀パネと2枚のパネル(斜めも含めると3枚)を固定する構造。そして外側はアケコン本体の金枠のみぞにパネルを嵌めこむように固定。

渡り部分の枠 渡り部分の枠(構造)

で、1P→と2P←のパネルですが…このアケコンの金枠部分を渡りの時に踏んでしまうことが普通に有り、徐々に金枠が曲がって沈んでいき、最終的にはパネルを抑えこむ形で過反応が置きてしまいます。

そこで…
カットライン
パネルを押さえる部分を最小限残し、後はカットしてしまうことに。

グラインダーで切る
金切りノコでは埒が明かないレベルなので、グラインダーを借りてきました。

なかなか切れない
これがなかなか切れない。

なんとか切れた なんとか切れた
なんとか切れた なんとか切れた
何とか切れました。火花が散りまくってなかなか怖いです。

2箇所ともカット
2箇所ともカット出来ました。

ヤスリでなめらかに
ヤスリで滑らかにします。

こんなもの? こんなもの?
こんなもんかな?

パネルをはめ込んで見る パネルをはめ込んで見る
パネルをはめ込んで見る
とりまパネルをはめ込んで踏んでみる。最初はいい感じ(と言うか踏み心地は変わらない)だったのだけど、たまに中央部分で引っかかる感触が。

切り取った金枠の残骸がどんなに滑らかにしても引っかかることが判明。内側の金枠はもっと深く、パネルよりも低い位置に切った部分が来るようにしないとダメ。

ペンチで内側の金枠を曲げる ペンチで内側の金枠を曲げる
内側の金枠をペンチ等で折り曲げる

全部曲げたら グラインダー再登場
全部曲げたらグラインダー再登場。

切れた 切れた
切れた
切れたら…

再度ヤスリでなめらかに
再度ヤスリでなめらかに。

再度パネルをはめ込む 完了!
パネルをはめ込んで完了!!暫く踏んでみたけど、まあ踏み心地は変わらないwでも今までは定期的に折れ曲がった金枠を起こしてやる作業が必要だったので、その面倒臭さがなくなったのは多分でかいぞーw



スポンサーサイト

15.02 ~ 15.12 の色々

はい、また半年以上更新期間が空いてしまいましたーまあ、書くネタがそんなになかったってのも有りますが…

とりまこの8ヶ月間のダイジェストを簡単に


15.02.05 DAM-DDRパネル入手

DAM-DDR

某廃業したカラオケ屋さんから2万円で譲ってもらいました。これこそまさに公式のアケコンであり、これにたどり着くことそれすなわちアケコンへの道なのですが…
64kg

重量64kg。2枚で128kg。ちょっと2Fに置く勇気が出ませんwでもいつかこれも稼働させたいなぁ。

廃墟カラオケ DAM-DDRの窓 発見 こっちにも ポップ ポップ2 ポップ3

廃墟探訪みたいになったけど、ポップとかも貰えたのでよかったー。ちなみに管理人さんと一緒に運びだしたんだけど管理人さん腰がやばそうだったw俺もやばかったwww

-----
15.08.08-08.09 夏の大屋敷オフ

夏の大屋屋敷オフ 夏の大屋屋敷オフ 夏の大屋屋敷オフ
毎年恒例のDDRしながらBBQ!

-----

15.03.31、15.11.09 田中翔選手の凱旋

DDR大好きプロレスラー、田中翔選手がプロモーションのため山口に凱旋、屋敷に訪問されました。

150331 田中翔選手 150331 田中翔選手と一緒に
3.31、この時は本当に久し振り。これより前はプロデビュー前の大学生の頃ですからねぇ。ご立派になられたものだ(涙

田中翔選手凱旋 田中翔選手凱旋 田中翔選手凱旋
こちらは11.09。本当に楽しそうに踏まれます。心底DDRを愛しているんだなぁ…
ただいま彼は無期限でメキシコ遠征中!またのお越しをお待ちしてます!

15.11.24 コンパネの一部改良

コンパネ改造

選曲等に使っているコントロールパネルですが、キャンセルの青ボタンが誤って押しやすい位置にあり、プレイに支障が出るという意見を受けて改良。誤って押しにくい位置にキャンセルボタンを取り付ける。今までの青ボタンは別の機能をもたせることに。

コンパネ改造 コンパネ改造
穴を開ける

コンパネ改造
ボタンを取り付け

コンパネ改造 コンパネ改造
ハンダ付けをする。

コンパネ改造
完成。これで誤操作皆無になりましたー

-----

15.12.26 大屋敷忘年会

これも毎年恒例のDDR食いながら鍋!違った逆だ、鍋食いながらDDR!

大屋敷忘年会

そんな一年だったのさー

15.06.27 メタルパッドをPCジョイスティックとして直結させる

金曜の夜、久しぶりに譜面を制作し、その調整で踏んでいる最中に起こった不具合。

いきなりパネルが全部無反応に?!!なにこれ?!!

調べてみるとDDRコマンドが通っていない状態になっていた。
俺が使っているメタルパッドはプレイステーション(PS)用コントローラで、これをステップマニアで使用するためにゲームパッドコンバータを使用している。ただ、これで変換しただけではDDRコントローラとしては使えない(ジョイスティック部分の判定になっているので物理的に↑↓、←→の入力が出来ないため同時踏みが出来ない)。これを解決するため、「DDRコマンド(START+SELECT+↑)」を入力することで、パネルがボタンとして認識されて問題が解決する。そして一度コマンドを入力すれば外れることはない。それが外れたということは…

コンバータがイカれた?!そ、それってこの環境的に死活問題なんですけど…

若干青くなりながらPCをリセットさせてみたが、また同じ症状が出た…

一応コンバータの予備は持っているんだけど、ロットの関係なのか、やや遅延が出てかなり踏みにくくなる。正直予備の意味が無いレベル。



そもそも、メタルパッドをコントロールボックスでPSコントローラにしている訳で、それにコンバーターでPC用にしているのが本来はナンセンスよね…可能ならコントロールボックスでPCのジョイスティックとして直結できるのが一番いいわけで。

メタルパッドも仕組みとしてはスイッチの集合体=ジョイスティックと変わらないわけだから難しくはないはず。

で、メタルパッドのコネクタを外して端子の結線状況を調べてみた。

結線確認中

割とあっさり分かった。

結線確認 結線図


かなり単純な構成。しかも、普通のモニタケーブルと完全互換で、モニタケーブル1本あれば2つのメタルパッドをそのまま繋げることが可能な事も判明!そしてうちにはジャンクのジョイスティックが1つ転がっている。

用意するもの

モニタケーブル:1本
PC用ジョイスティック(10ボタン):1つ
基盤を収めるケース:1つ
配線類:少々

早速倉庫をあさるとすぐに見つかった
ジョイスティック発見

中華製のジョイスティック。やすかったので買ったはいいがコントロール性最悪で使い道もなく数年眠っていた代物。まさかこんなことで脚光を浴びるとはw

即刻分解。
分解 基板

予想通り単純構造、考えていた通りの結線もしやすそうないい作りだ。

モニタケーブル

ちょうどD-sub15ピンモニタケーブルが1本余っているので、それを分断して端子として流用。ケースもジョイスティック筐体をそのまま使うことにしたので、今回のDIYは出費0円!w

モニタケーブルと基板を結線する
ハンダ付け


結線は

ボタン1~4:1P側←↓↑→、
ボタン5~8:2P側←↓↑→
ボタン9-10:1P側斜めパネル
ボタン11-12(Left、Down):2P側斜めパネル

これで全ての同時押しも問題ない。

完成

ケースは前述のとおり元の筐体をそのまま利用。

キーコンフィグ

ステマニのキーアサインをやり直す

これで完成!時間的にも1時間かからない程度でできた!

チェック

テストプレイも簡単にやってみたが反応は以前と全く変わりない感じ。これなら問題はないだろう。

光らない

パネル踏んでも光らなくなったので、無反応過反応時の確認がプロパティ経由になるのでちょっと面倒だがやむをえまい。白筐体だって光らないしw

とりあえず、これで大屋敷オフで起こる可能性のあるトラブル一つ回避!同時に、今まではDDRコマンドを入力しないとパネルが反応しなかったため、俺が留守の時に遠征者が戸惑うことがなくなるという利点もある。通常に使う場合でも、いちいちコマンド入力しなくていいのは楽だし、明らかにメリットのほうが大きいよな。

コントローラボックス

コンバータ&パネルコントロールボックスさん、7年間ありがとう。あ、コントロールボックスさんはPS2で遊ぶ時はまたお世話になりますー

スイッチ

ついでに、アンプの電源スイッチをモニタ連動にしておいた。これで今までモニタの電源をリモコンで入れてアンプの電源を入れるという2アクションが1アクションになった。

従来の手順

①PC電源入れる
②モニタ電源入れる
③アンプ電源入れる
④ステマニ起動
⑤DDRコマンド(START+SELECT+↑)入力

新たな手順

①PC電源入れる
②モニタ&アンプ電源入れる
③ステマニ起動

2手順も減ったよ!

15.06.09 圧力センサーへの換装状況、その他の改善事項

あー、気がついたら前回の更新から半年も経ってるw
その間、何事もなかった…訳ではなく、圧力センサーへの換装に関して色々なことが起こっていました。
センサーの初期不良による過反応、センサーをコネクタ接続にしたことによる振動の影響、SPプレイ時の省エネ踏み時の無反応…などなど

ブログのネタいっぱいあったやんなぁwまあ、仕事のほうがちょっとバタバタしていたこともあってこっちにまで手が回りませんでした。

とりあえず、圧力センサー換装手順がある程度固まったので報告まで。

配線を基板から外す 配線を外した
まず、基板にハンダ付けされている配線を外す

横方向へ配線を引き出す センサーを内側に設置するため、1mmのゴムシートを貼る
この部分の上にセンサーが来るため、横方向に配線を引き出し、1mm厚ゴムシートを貼る

このパネルは2P←なので、DPの渡りも考慮し、反対側のセンサーは外側に近い位置に設置する 配線が通る溝を彫刻刀で掘る
このパネルは2P←なので、DPの渡りも考慮し、反対側のセンサーは外側に近い位置に設置する。ゴムシートの位置が決定したら、配線の通る部分を彫刻刀で掘る

配線を通し、センサーを接続
配線を通しコネクタをハンダ付け、センサーを接続してゴムシートに貼り付ける

振動でコネクタが外れないようにパテで固定
振動でコネクタが外れないようにパテで固定する

↑パネルはLEDの配線も行う
↑パネルはLEDの配線も同時に行う

センサーを0.5mmのゴムシートで保護する
センサーを0.5mm厚ゴムシートで保護する

こんな感じ。とりあえず2P側も最も劣化が激しく無反応とか出始めていた↑と←パネルの換装完了。結構踏んでもらいましたが問題は発生しておらず。

パネルと銀パネの段差があまりなかったことで過反応が起きていたと推測されたので、銀パネ部分に段ボールで嵩上措置
圧力センサーに換装しても過反応が出ていた問題について、パネルと銀パネの段差が殆ど無く、足の置き方によっては過反応になっていたため銀パネ部分をダンボールにて嵩上げした。これによってかなり改善した模様。

あと、パネルを固定しているネジが出っ張っているため、スライド時に引っかかるケースがあったためネジのフラット化を試みた。

皿ネジにすることでフラット化
左のネジを右の皿ネジに換装。ただ、これはこのままだとワッシャの穴の関係で取り付けられない。

面取りカッターで現状の固定ワッシャの穴を広げる 面取りカッター
面取りカッターにて、皿ネジが固定ワッシャーに収まる程度まで穴を広げる必要がある。

穴拡張工事中
なかなか力がいる作業で、時間もそこそこかかり結構疲れる。

左が作業済
左側が作業済

パネル固定のネジが出っ張っているフラット化

比較:Before比較:After

これで引っかかることはまずないと思われる。







14.12.31 パネルスイッチ部の寿命による対策

皆さんあけましておめでとうございます!今年もあまり更新されない過疎ブログとなるでしょうがw、どうぞよろしくお願い致します。

などと言いながら新年一発目にそこそこ大きな内容の更新となりますがw


昨年12/27、DDR屋敷オフとしては初めての忘年会を開催しました。
2014忘年会

新年会は毎年やってたんだけど、DDR踏むの見ながら鍋食うってのは初の試みでしたwなかなかいいもんですねw

って、それが大きな内容じゃないってばw

新年会当日、いきなりパネルの無反応が出る。
P1001299.jpg
パネルのスイッチ部基盤が削れてしまっていた。実を言うと少し前にも別のパネルで似たような状況が発生していて、それはうまく逃げられる場所だったのだが今回は逃げにくい位置。結局この部分の修復は出来ず、スイッチとして使っている位置をずらす(パネルに貼ってあるカーボン接点の位置変更)で凌いだ。

念のため他のパネルもあけてみると
P1001221.jpg P1001222.jpg P1000935.jpg

これはあかん…ほぼ全てのパネルにこのような基盤の劣化が見られた。これでは近々全てのパネルで雨後のたけのこ如く不具合が発生するのが目に見えている。ここまで数年間、ノートラブルでやれてきたツケがこんなところで発生していようとは…実際トラブルが無かったのでパネルもあまりあけて確認とかしたことが無かったんだよなぁ。

とりあえず対策を色々考えてみた。

1)メタルパッドを購入し、ベース部分を交換。
2)基盤部をプリント基板業者に作成依頼
3)基盤部をエッチングで自作
4)スイッチ部を圧力センサーに換装

ざっとこんなところ。

1)は恐らく一番簡単な手法だが、コストがそこそこかかる。円安気味なのでそこがさらに問題。そして数年後にはまた同じ問題が発生するのが目に見えている。

2)はネット見積もり出したら8パネルで12万円と言うとっても素敵な数字が出ましたw

3)は昔基盤の自作をやっていたこともあり一番現実的かなとも思ったのだが、8枚分の作業が割りと大変。

結果的に4)の方式を採用。使う圧力センサーはこれ。

P-04158.jpg

秋月電子通商 圧力センサーFSR406

選んだポイントは
・1枚600円と割りと安価。
・厚みが薄く、基板上に設置が可能
・国内流通品なので入手が容易

価格が安いのは非常にありがたい。1パネルにつき4つは必要=32枚のセンサーを換装することになるので。
この価格なら8パネ全てを一度に交換しても600×4×8=19200+送料で済む。メタルパッドを買い換えれば少なくとも倍以上の金額がかかる。
設置は容易であれば容易であるほどいい。出来れば現状のメタルパッドをなるべくいじらずに換装できるのがベスト。
流通は最も重要かもしれない。何かあったときにすぐに部品が調達できる安心感はやはりありがたい。

不安点は

・反応速度、反応に必要な圧力
・耐久性

この2点。前者はカタログを見る限り問題なさそうではあるけれど、やっぱり実物を見て試してみないとピンと来ない。
後者は…どんな対策をしても最終的にはこの問題が出てくる。なら、とりあえずは試してみるしかない。

P1001301.jpg P1001303.jpg

と言うことで忘年会終了後のAM5:30過ぎに注文w大晦日前日に届きました。秋月さん、仕事速いぜ!

まずはパネル1枚だけ換装してみる実験的メンテナンス。換装するパネルは最も劣化が酷かった1P↓パネル。
P1001297.jpg
パネルをあけ、パネル側に貼ってあるカーボン接点を外す。

P1001298.jpgスポンジはがし
基盤両脇のスポンジを削り取る。

P1001300.jpg
基盤の配線を外す。ここで断線などを起こしたらかなり面倒くさいことになる(パネルを裏側から全てあける必要がある)ので慎重に。

P1001305.jpg
半田が綺麗に取り去れなかったので、サンダーで表面を滑らかにする(センサー貼り付け部分なので)

P1001307.jpg
センサー貼り付け部分にPETテープを貼る。

センサー配置
センサーを配置

P1001309.jpg P1001310.jpg
外した配線にスイッチに繋ぐためのコードを半田付けする。

P1001311.jpg
スイッチ全てに配線を半田付けする。

センサー配線図
配線図はこんな感じ。要は4つのスイッチがどれがONになってもいいように並列に接続されていればよい。配線が色分けしてあるが、スイッチに極性の区別はないので繋ぎ方はこの形になっていれば表記上の赤青が入り乱れても問題ない。



P1001324.jpg
パネルが収まる部分の4辺に2mm厚スポンジゴムを両面テープで固定、センサー部の上に50mm×50mmに切った1mm厚の両面テープつきゴムシートを両面テープ側を上にして配置し、その上からパネルを被せる。

P1001325.jpg
パネル側に1mmゴムシートが接着される。しっかり手で固着させる。


これで取り急ぎの作業完了。初めてという事もあり2時間以上を要したが、手馴れていけば1時間以内で作業出来そうではある。早速反応テスト。



反応に問題なし。むしろ以前よりもパネル全体が均等に反応するようになった感。数曲ほど踏んでみたが違和感は全くなく。むしろ換装前との差も全く感じなかったがw

と言うことで、換装成功。他のパネルも徐々に換装していく事に決定。早速残りの圧力センサー注文すっかなw

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

まつりななし

Author:まつりななし
AC版DDRが近所に無いため、CS環境をどんどん構築していった挙句、メタルパッド、いわゆるアケコンにまでたどり着いてしまいました。
これで何も考えずにAC版と変わらず楽しめる!!…そう思っていた時期が俺にもありました…

このブログは一筋縄ではいかないメタルパッドの神メンテ化を目指す平凡なDDRerの物語です(w

プレイ動画あげてます。主にパフォもどきプレイです。 
 →YouTube
 →ニコニコ動画

ニコ生はじめました
 →DDR屋敷オフ中継
 →DDR屋敷オフコミュ
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
DDRX
経県値
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。